人生の役に立つ本の紹介

幸せな恋愛とは何か?【愛とためらいの哲学】

ジラーチ
ジラーチ
幸せな恋愛って何だろう、、、ささやかで平和な日常を過ごせるような生活にあこがれるけども、いったいどうすれば実現するの。。??
みみ
みみ
調べたら、素敵な本に出会ったので紹介するね!

 

 

今すごく流行っている、

『SPY×FAMILY』のようなささやかな家族愛にあふれた幸せそうな生活って、

みんなあこがれますよね!

 

(違ってたらごめんなさい><)

 

 

現在は先日のニュースにあったように、

 

「20代の男性のうち、40%がデート未経験」

 

のように恋愛に対して積極的になれない人が多いという悲しい世情ですが、

あこがれは多くの人が抱いていると勝手に思ってます( ・∇・)

 

そんな世の中にぴったりなのが、今回ご紹介させていただく、

愛とためらいの哲学」という素敵な本です。

 

 

幸せな恋愛をするために大事なこととは何か”を教えてくれる本なので、

 

 

・恋愛して手痛い経験をし、悲観的に考えている方

・幸せな恋愛にあこがれている方

 

 

特にこういった方に向けて内容を要約した記事となっておりますので、

ぜひ最後までお読みいただますと嬉しい限りです。

 

それでは、いってみよ〜

 

 

1.傷つくことが怖くて動けない

 

いきなりですが、

 

恋人が欲しい

 

と口にしつつ、心の中では誰かを好きになったり、

お付き合いしたりすることにためらいや恐怖を感じていた経験はないでしょうか?

 

 

・どうせフラれて気まずくなったり傷つくくらいなら、告白しなくていいや

・いつか上手くいかなくなって別れて悲しい思いするくらいなら、お付き合いしなくていいや

 

 

とかですかね、、

 

 

断られることを承知の上で相手に想いを伝えることが大事で、

 

特に”自分に価値がある”と思えるときに勇気を出して告白しやすい”

この本では述べられています。

 

 

だから経験値や筋トレとかして自己肯定感を高めておくと

いいってよく言われるんですね〜、納得です😌

 

 

2.出会いがない、は言い訳

 

これも辛口なお話ですね、、、

 

要は、

 

 

・職場

・社会人サークル

・通勤中

・呑み会やオンライン呑み会

・合コン

・マッチングアプリ

 

 

など、

 

その気になれば身の回りには出会うための機会にあふれている

 

ということです。

 

 

出会いがないといってしまうのは「行動するのが怖い」ことを

正当化しているに過ぎないと著者は語っております。

 

 

もし仮に出会いが増えても、

出会い以外の理由で恋愛できない理由を作ってしまうのが

オチと言えるかもしれませんね、、

 

 

3.物事の捉え方を変える

 

よく大学受験で

 

 

・もう夏休み

・まだ夏休み

 

 

のように物事の捉え方の違いで例えられますが、要は、

 

 

物事をポジティブに捉えられると、気になる人にアプローチしたりなど前向きに考えられて、恋愛が進みやすい

 

 

というお話です。

 

 

考え方をごろっと変えるのは怖いですが、

その考え方が自分を不幸にしているのであれば、

変える勇気が必要ですよね、、、

 

 

ひっじょう〜に怖いけども😨

 

 

4.相手を愛する努力を忘れない

 

これは恋愛関係にある間はずっとすべき努力ですね。

 

 

・お互いを尊敬し合える

・辛い時に支え合える

・「いつもご飯美味しいね」や「ありがとう」と言ったあいさつができる

・その他、優しい気遣いができる

 

 

こんな風にお付き合いや結婚はただの始まりに過ぎず、

 

 

お互い仲の良い関係を築いていく努力をいつも心に留めておこう

 

 

ということです。

 

 

そしてこんな風に相手が何をしてくれたら喜んでくれるか

を考えるのは楽しいし、

 

結果的に自分への喜びにもなるので全然しんどいことではないです。

 

 

(こんな生活送ってたら、SPY&FAMILYのような平和で幸せな時間が過ごせそうですね!)

 

 

5.依存しない関係を作る

 

相手に依存し過ぎて歪んだ愛になってしまうと、

継続していくのが途端に難しくなると思います。

 

 

自立しているけど、1人よりその相手といる方が同じ経験を共有できたり、より楽しくなって嬉しいという関係が理想

 

 

で、うまくいきやすいと著者は語っています。

 

 

毎日「私のこと好き?」と言われ、

応えられないと手のひらを返して冷められてしまうような、

 

 

相手の愛がないと生きていけない

 

 

状態だと、ただ自分が愛してもらうための関係になってしまいますよね。

 

 

それだととても4.でお話した”相手を愛する努力“なんてできず、

いつかしんどくなってしまうということです。

 

 

自立しつつも、相手の幸せを願って行動できると、

良好な関係が続けられそうですね(^ ^)

 

 

6.与える人間になる

 

5.でもちょっとお話しましたが、

 

自分のこと以上にパートナーが幸せになるように願って行動することは大事ということ

 

です。

 

 

多くの人は相手への要望ばかりぶつけてしまいがちになるけども、

それは相手の幸せを願っての行動とは言えないですよね、、、

 

 

家事を協力してこなすのが最も身近で簡単に始められそうですね!

 

 

7.分かり合えない前提で接する

 

長期間一緒に過ごしても、相手のことを完全に理解し合える関係は難しいので、慎重にお付き合いすべき

 

 

ということです。

 

 

パートナーと長い時間一緒に過ごしていると、

ついお互い完全に分かり合えた関係になったような気がしてくるかもしれないですが、

 

 

言わなくてもわかってもらえる

 

 

とか、

 

 

同じことを考えてくれているだろう

 

 

というような考えは危険で、

時には全く伝わっていなかったということも大いにあり得えますよね、、?

 

 

ジラーチ
ジラーチ
お互いキチンと思っていることを伝えて、すれ違いの機会を減らそうねってお話だね!
みみ
みみ
そうだね!

 

 

8.ケンカは相手への甘え

 

パートナーと仲良くなるにつれて、

 

 

・言葉遣いが荒くなってしまう

・無理難題なワガママを言う

・しょうもないことで怒ったり拗ねる

 

 

ことがあるかと思いますが、

これがきっかけでケンカをしてしまうかもしれません。

 

 

「ケンカをするほど仲が良い」と言うのは、

それほど気を許している関係だからこそ

上記3つのようなことが起こって

ケンカするという意味なのかもですね。

 

 

ですが、ケンカしていつも必ず関係が修復する保証なんてどこにもないため、

もしかしたら本当に仲直りできなくて関係が終わる可能性さえあります。

 

 

怒りからのケンカをしているときは、

言葉の暴力をふるっている可能性が高いため、

関係性を悪くする結果になりやすいのです。

 

 

つまり何が言いたいのかといいますと、、、、、

 

 

ケンカしないのが一番!

 

 

ってことですね!

 

 

ジラーチ
ジラーチ
言いたいことがあったら、伝え方を考えていこうってことだね〜
みみ
みみ
だいじ!

 

 

9.まとめ

 

ということでまとめです!

 

内容のまとめ

1.傷つくことが怖くて動けない

2.「出会いがない」は言い訳

3.ライフスタイルを変える

4.相手を愛する努力を忘れない

5.依存しない関係を作る

6.与える人間になる

7.分かり合えない前提で接する

8.ケンカは相手への甘え

 

こんな感じです!

内容をじっくり読みたい方や、しっかり頭に内容を入れたい方は、下記よりぜひ購入してみてください!

 

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!